【ダイエット】失敗しないために~心構え編~

【ダイエット】失敗しないために~心構え編~

ダイエットを続けるために

あなたは「体重」気にしてますか?女性の方なら気にしている方が多いと思います。そして、インターネットで検索し、様々なダイエット法を知ってその中から「自分にもできそうなもの」を始める。この「自分にできそうなものを行う」ということを強調しているサイトも多いです。

では、問います。あなたにできそうなものはその効果があなたに有効ですか?そもそもどんな効果があるのか理解できていますか?ダイエットで挫折する方が多いのはこの「目的を知らないこと」が原因です。多くの方は目的も過程も設定せずに漠然と方法一覧を眺めます。だから失敗するのです。

STEP1「機能する目的を設定する」

ランニング

ダイエットをする目的はなんですか?「体重を減らすため」、「振ったあいつを見返したいから」など色々あると思います。そんな目的も個人的には良いと思いますが、成功率やリバウンド率を考えてあなたの事を考えて助言するならそれは目的として不適格です。

しかし、実際にTVなんかでも「あいつを見返すため」にダイエットし、成功している方は大勢います。とても意思が強かったのだと感じています。普通以下の意思の人ならそういった目的でその段階までダイエットを続けることはできないと名言します。

ダイエットの目的として十分に機能するものは以下の3点を満たす必要があります。

  1. 嘘をつかない。
  2. 言い訳をして逃げることができない。
  3. 自分に合ったレベルの目的だ。

1に関しては当たり前です。本当に健康の維持が目的ですか?健康の維持が目的なら自分が食事で取る個別の栄養素などまでしっかりメモに取っていると思います。ダイエットではそこまでの栄養素管理はほとんど意味がないですが、それほどの意思で体を健康に保ちたいという事であれば、その目的でいいと思います。しかし、多少なりとも「周りに痩せて見られたい」などの意思があるならそちらに目的を変更するべきです。

2ですが、「体重を減らす」ことと「あいつを見返す」などの理由はこの二つを満たしていません。別に体重を減らさなくても体重計に乗らなかったり、自分から体重の話から逃げ続ければいいだけです。「産後だから」だとか「痩せにくい年齢だから」だとかいくらでも言い訳は沸いて出ます。

「見返す」にしても別に痩せなくても元カレよりイケメンを捕まえられれば十分見返しになりますし、僕は最悪だと思いますが周りにあることないこと言いまくって見返す人もいます。そして「もう会わないだろう」とか「私にはもう興味ない」とかの理由があります。

3は難しいですが最も重要なことです。あひるがどう頑張っても白鳥にはなれないように、ひふみんさんがどれだけ頑張っても阿部寛さんにはなれないのです。

STEP2「手段を知る」

前の項目で目的を見つけられることができたあなたに向けて書きます。正直言ってまだ目的が見つかっていない方にはこれから先の項目を見てもあまり意味がありません。見つからない方はとりあえず「仲良いあの子に告白したい」という目的でも良いですが、極力文字だけでもいいので変えてください。言い訳をしてダイエットをやめるときはその子を諦めるときです。

道のりでは、目的にたどり着くまでの手段を考えましょう。目的はゴールのようなものですが、ダイエット法はその例で言うなら車や自転車です。歩きでもゴールにたどり着くことはできますが、車や自転車の方が断然早いですね。また、ゴールまでにはリバウンドという名の向かい風が吹いていることを忘れないでください。休んでいてはスタートに戻されてしまいます。

食から見るダイエット

食事

ダイエットには色々な種類があり、僕の意見としては全てのダイエットが効果があるんじゃないかと思います。料理ブロガーの僕からは食の面から見たダイエットをお話したいと思います。運動などの面からは今のところお話するつもりはないです。最も大きな理由は個人的な意見としてダイエットに運動は不必要だと考えているからです。

なぜ太ると思いますか?運動したり動いたりしないからですか??違います。あなたはトイレに行くのに動いてるはずです。「食べるから太る」のです。ダイエットの本質は【摂取カロリー<消費カロリー】の状態を作り出すことにあります。極端な話ですが、一日中何も食べずに寝返りを打っていれば勝手に痩せていくのです。

運動はモチベーションや時間、労力も必要となる割にそれほど大した効果は得ることができません。しかし、何かのお祝いなどで食べ過ぎた場合には運動が最適だと思います。運動を常用手段として使うのではなく、最終手段として使うという認識が持てるようになればまた一歩成長できたと言えるでしょう。

食事ダイエット

この項目は多くある食事ダイエットに関して、それぞれのダイエットを紹介する項目にしたいと思っています。今後増やしていく記事と一緒に予定なのでもうしばらくお待ちください。

STEP3「過程を知る」

次に「過程」を知りましょう。目的がゴール、手段が移動手段なら過程はゴールまでの案内図です。基本はこれにそって一歩一歩進んでいくといいでしょう。

100kg痩せるのにいきなり100kg痩せることはできません。1mgずつ痩せていくのです。目的に達するまでの過程を考えますが、それを通過点と呼ぶことにしましょう。通過点の間は長すぎても短すぎてもいけません。1ヶ月程を区切りにするといいでしょう。ここであまりにも通過点が多すぎると感じたときにはもう一度目的を見直しましょう。

ダイエット初期の罠

ダイエットを始めたての頃は特に、それがまだ生活の一部とはなっていないので毎日体重計に乗って一喜一憂する人も多いと思います。そしてその効果はすぐに現れます。しかし、すぐに停滞します。

それは停滞期ではなく、そもそも初めて体重が停滞してからがダイエットの本番なのです。どういうことかというとダイエット初期に落ちているのは「脂肪」ではなく「水分」だからです。

食事制限等で食べる量を減らし、食事で摂取する水分が減った結果次第に体内の水分量が減っていっているだけです。そして初めて脂肪を減らす準備が体内で整ったときこそがダイエットの始まりなのです。難しいことかもしれませんが、一喜一憂せず日々コンスタントにダイエットに取り組んでいきましょう。

体重は増減する

ダイエットこれが実際にダイエットを始める前の最後の項目です。体重はダイエットをしていく中で現体重より増える可能性があります。例えば今お風呂上りで体重計に乗ったとして、一週間後お風呂の前に体重計に乗ったとします。そのとき体に中に残っている水分の分だけ、または食事で消化しきれていない分だけ体重が増えるでしょう。

何を当たり前のことを・・・、と思うかも知れませんが実際に頑張ってダイエットをしていく中で体重が変わってない場合には多少なりとも落ち込みます。なのでもう一度言います。体重が増えても気にしないでください。ただし、通常の食事以外で余分に食べている場合には別です。

本来なら先ほどきめた通過点でのみ体重計に乗るのが理想ですが、やはり気になると思うので毎日乗ったとしてもその結果に一喜一憂せず、そのまま次の通過点までは続けてみてください。

STEP4「取り組む」

目的という名のゴール。過程という名のゴールまでの道のり。ゴールまで進むための移動手段。以上のものを用意することができました。とりあえずはお疲れ様です。僕からの最後のプレゼントです。知識編をここにまとめました。これがゴールまでのコンパスになります。

【ダイエット】失敗しないために~知識編~

しかし、まだあなたは1gも痩せていません。ここからが本当の戦いです。決して向かい風に負けることなく進み続けてください。

STEP5「ゴール後」

風ゴール後の話をします。理想的な体を手に入れ、今あなたはゴールに立っています。おめでとうございます。しかし、忘れないでください。ゴールにもリバウンドという名の向かい風は依然吹き荒れています。そのままゴールラインに立ち続けるためには少なくとも向かい風と同じ勢いでこれからも進み続けなければなりません。

あなたのこれからが今のまま、変わることのないように祈っています。

 

この記事は2018年3/14日に書かれました。


【ダイエット】カテゴリの最新記事